スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<中川明美の仕事>

【競馬ブック南関東版コラム】
・南関こんしぇるじゅ

【週刊競馬ブック】
・NANKAN通信
・南関東重賞ページなど

【ブログ】
・南関あらうんど(競馬ブックサイト)
・南関情報局(ホッカイドウ産直ブログ)
・川崎競馬倶楽部

【連載】
・SPAT4会報「ザ・ウイナーズ」
・楽天競馬サイト開催見解
・川崎競馬馬主協会ニュース
・南関東情報誌POCOPOCO
・神奈川新聞「川崎競馬こぼれ話Ⅱ」
・社台グループ会報Thoroughbred誌
・メルマガ週刊競馬通信「南関プロムナード」

【ライフワーク】
・川崎競馬倶楽部

☆Facebook、Twitterやっています。
よろしくお願いします(^o^)/


スポンサーサイト

今野騎手まさかの登場

うれしいサプライズです!!

昨日の佐々木竹見が選ぶジョッキー表彰に、ケガ療養中の今野騎手が登場しました!
勝負服姿がまぶしかったー

騎乗するには痛みがあることから、復帰は3月になる可能性大とのこと。

厩舎みんなでつかんだ勝利

プレイアンドリアルは金曜日に北海道へ移動しましたー

河津厩舎には、京成杯優勝時の写真が飾られているのだけど、その下にはお手製の厩務員員欄が(^o^)
河津厩舎みんなの名前が並んでいました。

担当者を決めず、交代で運動したり手入れをしたり。
厩舎みんなで手にした勝利ってことですもんね。
「い~だろ~」と河津調教師はご満悦でした!

メーデイアTCK女王盃ラストラン

メーデイアこれで引退なのね。
ホントさびしい。
すごく寂しい。

彼女のシンデレラストーリーはお見事でしたよね。
浜中騎手のコメントにジーンとしました。

大晦日

パクチーを食べたがると周りが嫌がることに気づいた中川です。
またまた、ごぶさたです。

2013年も終わっちゃいますね。
いろいろあり過ぎた一年。
我ながら思いきったチャレンジができたかな。

今朝、ふと思ったんです。
もっと自分のことを考えてあげようって。

きっかけは、昨日あんなに買い物したのに、自分が食べるお雑煮の材料を買い忘れてるのに気づいちゃったという些細なことなんですけどね(^^;;

TO DOリストを見ながら、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃの日々だけど、そのリストには自分だけのために楽しむ項目はほとんどなかった。
なのに、ヘトヘト。
だから、ヘトヘトなのかもしれないな

明日からは新年。
思考の方向を少し変えなきゃ。

つぶやきならできそう・・

ブログも続かず、ミクシーにも挫折したあたしが、あろうことか今週からツイッターとfacebookを始めた。

今度はいつまでもつだろう。

でも、つぶやくだけなら大丈夫もしれない。
いや、続くようにがんばるんだ

facebookは早くも二日で挫折ムードなり(^_^;)

でも約束は果たしたからね~

今日は東京ダービー

本日は東京ダービーです
あいにくの雨です

今週の週刊競馬ブックでは連載「NANKAN通信」を書いていますが、東京ダービー、そして来週の関東オークスの話題です。

南関こんしぇるじゅ

競馬ブック南関東版で連載しているコラム「南関こんしぇるじゅ」をとれたて産直ブログにアップしてみようと思います。

新年です

新年になっちまいました

今年もブログに不向きな性格は直らないと思いますが、分相応に日々を暮らしていきたいと思います

ああ、マメな人になりたい・・・


まだパクチーにはまり続けてます
意外と一途なの

ハマってます

最近、毎日のように香菜を食べています

ハマってます(*^_^*)

シャンツァイ、パクチー、コリアンダー

いろいろ呼び名はあるようですが、これだけクセがあっても世界中で愛されていると言うことですな。

香菜を食べると、そのあと毛穴からいい香りが出るような気がします。
パクチー臭い女というのはなんですが、あたしはけっこう好き

周囲のあれこれに惑わされず、自分の感性を大事に生きていきたいものですね。

なんと2年5ヶ月ぶり

原稿ラッシュで煮詰まったので、息抜きに更新してみました。

締め切りを守れる良い大人になりたいものです。

地方競馬チャンネル5月号

携帯競馬情報サイト「地方競馬チャンネル」の5月号には元オーストラリアジョッキー中村尚平さんが登場。

現在は大井の武智厩舎で調教厩務員をされていますが、日本での騎手デビューという夢に向かってがんばっています。
経験を生かして騎手の一発試験に挑み、すでに一次試験(筆記)の合格通知を手にしていて、本日が二次試験当日。

「どんな結果が出ようと何度でも挑戦する」と前向きに語っていましたが、実技・面接による二次試験を突破すれば、6月には大井所属のジョッキーとして日本デビューを果たすことになります。

浦和3日目しらさぎ賞

昨年から古馬牝馬限定戦へと条件変更されたしらさぎ賞。

「シンデレラマイルの時は疲れが出て競馬にならなかった。元々冬場は走るタイプではないからね。そのあと休ませてマリーンCではあわやという場面もあったしタイムが優秀。十分に稽古積んで一番いい状態でレースに臨める」
とパフィオペディラムの岡林調教師。

「船橋では1、2の調教駆けする馬だけにスピード抑えた調教をするのが難しかったくらい」
と万全の態勢だ。

同厩シーホアンはひと息後だが「リフレッシュしたあとは坂路で乗り込んでいた」
という充実した休養。

「7歳になるがいい頃のデキが戻ってきた」とベルモントノーヴァ石崎駿騎手は連覇狙う。

大井6日目マルヨサンライズ

「できれば外枠を引きたいね。枠が内だとスピードあるぶん押し出されてしまう。一頭馬を置いて折り合いつけて行けば自分のパターンでレースができる」
と9Rマルヨサンライズの石田調教師。

笠松時代を含め26戦して17連対という超堅実派。
粘り強い先行力が身上だ。

「追い切りでは単走の予定だったんだが向正面で100m先行ってた馬に追いついて結果的に併せるかたちになった。それからまた突き離すんだから大したもの。この追い切りからしても状態面は申し分ない。ここでスカッと勝って上のクラスで勝負したいね」
と青木厩務員。

かつてあったモタれる面も解消して好レース期待。

大井5日目トーホーラヴ

放牧明けの前走ではあっさり逃げ切り勝ちした3Rトーホーラヴ。

「スタートダッシュがとにかく速いから他に逃げ馬がいたとしてもハナ奪えるはず」
と長谷川厩務員がいうように前走でも35秒2のハイラップで飛ばした快速馬。

「ただね、これまで1400m使った時には、あと200mというところで途端に甘くなって差されてしまっていたんだよね。それが休養させて、ひと叩きしたことで息保ちが違ってきているのがわかる。確実に良化して力もつけてますね。メンバー的にも今回は勝ちに行きますよ!」とトーンアップ。

4歳にしてキャリアまだ5戦。
これから一戦ごとにスピード値に磨きをかける。

大井4日目羽田盃

南関東クラシック第一冠羽田盃。
前哨戦の京浜盃でディラクエが圧倒的強さを見せたことで路線変更する馬が続出す現象も起きたほど。

それくらい今年の羽田盃は「ディラクエがどんな勝ち方をするか」が焦点になっている。

「京浜盃は流れ的にも1コーナーで折り合うことができたし3コーナーまで砂を被して、あとはギリギリまで我慢させて脚をどこで使うかだった。転入して初めてのレースで様子見ながらでもあったが思った以上に強い競馬。その後順調に乗り込んでトモも強化したね。もし負けるとすれば内で包まれて動けなくなった時。それ以外は考えられない」
と今野騎手もディラクエの瞬発力に絶対的信頼をおく。

レープロ羽田盃

大井競馬レーシングプログラムの羽田盃コラムはマルゼンアデイアル。

的場文男ジョッキーが「一番強かった馬」と今でも語る悲劇の名馬。

1985年のことなので現役時の走りは見ていないのですが、どんな活躍をし、どんな最期を遂げたのか、わたし自身とても興味があったので的場騎手と担当していた織田力男厩務員に話をうかがいました。

大井3日目モエレプット

道営時代にはエーデルワイス賞2着という実力派10Rモエレプットだがクラシックへのステップに目論んだ桃花賞、ユングフラウ賞では不完全燃焼。
ようやく前走チークPを着けたこともあって抜群の切れ脚見せ3着と覚醒。

「レースで集中力を欠いてしまうタイプですが前走が本来の力。気分良く走ってくれさえすれば」と佐々木智子厩務員。

「調教でもだんだん背中が柔らかくなっているのを感じる。精神面はもっと強くなってほしいが馬自体には身が入ってきたね。距離1800mになるのは歓迎だからこのあとの東京プリンセス賞につながるレースをしたい」
とみずから調教に跨る朝倉調教師は好感触を確かめた。

大井2日目チェイリュイ

「笠松のトップホースだけにこのメンバーならあっさり通用していいはず。転入して間はないが力を出せるデキに仕上がっている」
と赤嶺調教師が期待をかける8Rチェイリュイ。

無傷3連勝で制したジュニアクラウンは8馬身圧勝、続く交流GII兵庫ジュニアグランプリではディアヤマトの4着という申し分ない実績のカルラネイチャー産駒。

「調教試験は馬なりだったが動きは良かったよね。スピードありそうだし癇性がいいからピューッと行っちゃうんじゃないかな」とベテラン佐藤厩務員。

相手は連勝中シンゼンセッター。
「相手が骨っぽくなったね。距離延長はギリギリだが先行力を生かしたい」とスピード対決。

南関あらうんどオープン

競馬ブックサイト内にあるブックログに南関東情報「中川明美の南関あらうんど」がオープン。

有力馬の動向や重賞のことなどなど足で、耳で、聞き感じたことを書いていくことになりました。







プロフィール

Akemi Nakagawa

Author:Akemi Nakagawa
ホースニュース馬社から競馬ブックに移籍しても南関東を担当している中川です。ダイサッカイから抜けた記念にブログ開設してみました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。