スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルラッシュは?

川崎記念。


一番人気はヴァーミリアン。
地方最強馬として君臨してきた昨年の覇者アジュディミツオーにとっては真価を問われる一戦。
大井に移籍パーソナルラッシュという新星の存在が何とも不気味である。


暮れの船橋で受けた調教試験時には大山一男厩舎所属であったが、その後高橋三郎厩舎に転厩。
とはいっても、11月の中央登録抹消から現在までパーソナルラッシュは境町トレーニングセンターで調整されている。
いわゆる外厩馬である。


外厩制度は南関東では現在のところ大井だけが導入しているが、レース当日輸送のため調整過程が把握しにくいという難点もある。


パーソナルラッシュの場合は「気性的にもゆったりと手が掛けられる環境で」(高橋調教師)ということで、入厩せず境町トレセンでの調整が選択された。


圧巻だったダービーグランプリをはじめエルムSやダイオライト記念、さらに米ブリーダーズCクラシックに挑戦するなど実績を積んできたパーソナルラッシュの参入は地方ダート界にとってもインパクト大きいが、この馬の場合「気性」という自分自身との闘いがつきまとう。


「中央時代は調教でうまく回らなかったり、坂路で止まってしまったり、とにかく調整が難しいと聞いている。相当手が掛けられないと仕上がらないとオーナーとも相談して高崎での調整を続けてきたが、元北関東や新潟で調教師や騎手をしていた人材がこの馬には3人分の手間を掛けくれている。いいスタッフに恵まれたおかげで当初と比べても馬が変わってきているのがわかる。12月26日の調教試験ではゲートも大人しく出たし、返し馬もまともにできるようになっていたから、そう心配もなくなってきたようだ」と高橋調教師。

有馬記念の帰りに様子を見に立ち寄った安藤勝巳騎手も「ずいぶん調教できるようになったね~」と感心しきりだったという。


1月21日には川崎記念に向けた本追い切りのつもりで併せ馬。
直前にサーと流して最終仕上げという予定だった。

しかし大外を追走したパーソナルラッシュに併走馬がついて来られず併せ馬にならなかったため、最後は気を抜く予定外の内容。
予定を変更して26日に再度追い切りことになった。

「今度は動き的にも納得がいくものができた。調教は難しいが調教試験の時そうだったように馬場にはいると力が違う。久々の実戦でもあり何とも言えないが目つきもだいぶ変わってきているしね」と日々刻々の変化を感じるという。


地方を舞台にするパーソナルラッシュの第二章。
新天地での走りに期待する。
スポンサーサイト

厩舎まるかじり<赤嶺亮騎手>

上昇中の素質馬が揃った3歳選抜戦。
先行馬の多い組み合わせなら展開を味方にしてミハタマイラヴの末脚が炸裂しそうだ。

前走は先行く勝ち馬をコンマ3秒捉えきれなかったが確実に伸びる末脚は一戦ごとに威力を増している。
「前回は逃げ馬を捕まえられませんでした。流れが違えば届くと思うんですが」と赤嶺騎手。

「二の脚がないぶん後ろからになるし、ハミを取らないので道中肩ムチを入れたりしてます。それが3コーナー辺りで急に自分からハミ取って行き出すんです。爆発力が武器です」
という個性派。

まとめて差し切り可能。(10R)

と、一番の狙いはミハタマイラヴですが、本日の赤嶺騎手はなかなか妙味ある騎乗馬が揃ってます。
なにかやってくれそうです。

我が社の印ですと、ポツンと重い印で攻めてみました。

20070126123156

成人式を迎えた赤嶺騎手。スーツを着て式典に出席したそうだ。
先日には車の免許をとって快適ドライブをしているという。
「みんなの足」になって訓練中だとか!?

24日には南関東新人賞を受賞。
こうして並ぶと際立って背が高い(写真右端)。
しかもイケメン。
父上所有のポルシェに乗る許可はまだでないそうだけど、いずれ助手席に誰か‥
うらやましい‥ぞ。


騎手の間でノロウイルスが蔓延中。
熱があろうと勝負服一枚だから気の毒ですね。

厩舎まるかじり<スーパールミナス>

「前走は一息あいたぶんもあって道中引っ掛かっていましたね。ソエの方もほぼ固まってますので前走以上の力を出せるはずです」
とスーパールミナスの頼本廐務員。

折り合い欠きながらも迫って②着。
能力は相当高い。

「今回は中央との交流戦になりますが距離千二なら好レースになると思います。ただ他馬を怖がる面があるので、できれば外枠引くといいですね。そうすれば位置取りにこだわらずレースができそうです」
とヒケはとらない。

気性を考慮して馬なりでの調整だが馬体面は使うたびに絞れて身が入ってきているのだという。(10R)

厩舎まるかじり<アウスレーゼ>

TCK女王盃。
レマーズガール回避により混戦ムードなら地元アウスレーゼを狙う。

前走のクイーン賞ではスタート不利もあって9着に敗退。
しかしながら敗因はハッキリしているので陣営は悲観していない。

「スタートで挟まれたこともあるが左回りは不向きなようだね。レース後5分で息使いが戻ったくらい競馬をしていなかった」
と中沢廐務員。

その後はここ目標に乗り込んできた。
中間には背が伸びるなどの成長分もあって馬体が増えたがそれも最終調整で仕上がる計算。

「メンバー的にもチャンスだと思う。公営代表のつもりでがんばります!」。



交流牝馬戦線も世代交代の時がやって来た感がありますね。
レマーズガールは重ハンデを嫌って川崎記念へ。グラップユアハートは引退と、次代を占う意味でも目が離せない一戦になりました。
地方ダート界で腕試しする新顔の参戦もあります。


アウスレーゼの中沢厩務員は「前厄」。
気にしているわりに正月も例年通り立会川の天祖神社に初詣しただけということですが、「中川に書かれた時点で厄払い」と言われちまいました。
なんなんだ、あたしは・・・(;^_^A

厩舎まるかじり<サムシンググッド>

「山元トレセンで乗り込んでから入厩しましたし、速い時計を2本出して調教試験の後どんどん良くなっていますね。来た当時に比べて馬体面も充実してきています。何より気合い乗りが違ってきました」
と高橋厩務員がいうようにサムシンググッドの良化ぶりは顕著。

中央からの転入戦となるが千七での距離実績もあり、いきなり好勝負になりそうだ。

「普段おとなしくて無駄なエネルギーを使わないのに、馬場に入るとグッと気合いがのってきます。気持ちのONとOFFが上手な賢い馬です」
と新たな環境でひと皮剥けそうな好素材だ。(12R)



社台ブランドです。高馬です。
高橋厩務員も社台の育成場出身というキャリアです。
かなり張り切ってましたので転入戦をキッチリ決めて欲しいものです。


1・2・3・ダーーーーッ!
というわけで、今日はわたくしのバースデーであります。

厩舎まるかじり<デザートボス>

我が社の紙面にて「厩舎まるかじり」というコラムを連載しています。
「推奨馬コーナー」という枠にとらわれず、気になる馬や人や出来事を話題にさせてもらっています。

ホースニュースサイトには地方競馬コーナーがあって、そこにもコラムが掲載されるのですが現在リニューアル中で、しかもバックナンバーが保存されないのですよ~

それでは不便なときがあったりしまして(^o^;
あん時なんて書いたっけ~と確認するためにも倉庫がわりにブログを使えばOKじゃん~(^.^)b


てなわけで、あまり予想の参考にはなりませんが載せてみます。

大井初日からいってみよ → → → →


「ソエもいくらかあるし気性面や心臓も強化している途上。まだすべてに幼い状態です。それであれだけのレースができるんだから、この先楽しみですね。あたたかくなればもっと良くなると思いますよ」
とデザートボスの吹原厩務員。

なるほど調教を担当する米田調馬手を乗せての引き運動でも飛び跳ねたりヤンチャ放題。

好位から抜け出した新馬戦、スタートでアオりながらもじわじわ進出した前走と2連勝の内容は荒削りながら素質の片鱗がキラリ。

「もっとテンからレースができるようになるといいですね」
と三戦目のさらなる前進を期待。 (10R)

久しぶり~

長橋さんが遊びに来てましたよん。

元上山のジョッキーで、廃止後には大井の井上厩舎で調馬手をされていました。


現在は茨城のエンパワーメントファームで調教を付けています。
牛久にある育成場で、50頭ほど預かっているそうです。


ここには長橋さんと騎手同期でもある関本さんも先日から仲間入り。
浦和に移籍したものの騎手生活を閉じたのが急でしたのでちょっと心配していましたが元気で頑張っているとのこと。

「マムシの秀」も「蔵王権現・長橋」(何でこう呼ばれていたのかご本人も謎だそうです)も健在なり~!

アンミツJr

安藤光彰ジョッキーの息子さんが大井で修行中です。

3月の騎手試験を目指しているそうです。

1月18日からは初々しい黄色い帽子をかぶって調教にも騎乗。
今朝は追い切りもこなしていましたよ。
(笠松でも調教に乗っていたそうで)


所属は栗田裕光厩舎になる予定です。

鍋と取材と動物たちとのふれあい

070119nabe.jpg



鍋です。
カニがいっぱい入っていますが、なにより美味しかったのはネギと白菜。
装蹄師の真由美ちゃんのお母さんが実家の農家で作ったものなのです。
ネギって甘いのねん。


日本に数人しかいない女性装蹄師のひとり。
そのお話を地方競馬チャンネルに書かせてもらうのだけど、取材そっちのけで舌鼓を打ち、獣医の史子ちゃんや真由美ちゃんのお母さんと笑いっぱなしでした。


このおうちには犬が2匹に猫が6匹でにぎやかなの。
脳に障害があったり、虐待されていたペットを助けてきたりと愛にあふれて育てています。

070119umeko.jpg


もう一匹飼いたくなってしまったわん。


かなり本気。


パーソナルラッシュ続報

パーソナルラッシュが転厩戦いきなり川崎記念使えるのか気になっているファンがいるようですね。
川崎競馬倶楽部に質問がありました。
(わたしも気になって番組に問い合わせました)
エモシオンでの失態が過去にありますもんね(;^_^A


使えるように条件が変わったのは以前書いた通りです。


で、1月の半ばに高崎の外厩から大井入りするかもと聞いていたので確認すると、川崎記念へは境町トレセンから直接向かうことになった模様。

気性的にもゆったりした環境で調整された方がいいようですね。


21日の朝、ちょっと早いけど本追い切りして、直前はサーッとするそうなのですが、大井本場の追い切り取材があっていけません。

高橋三郎調教師の報告を待つことにしませう。


「厩舎まるかじり」で書こうっと。

なんてこったい

20070117214132
買って帰ろうとしたらこの有様だ!!!

ちっ。
とことんツイテないぜっ<ΘωΘ>

一日限定30個なんですと。

早く言ってよ~ぅ

同期生

教習所にも真面目にいってますよお。


どうにか仮免をクリアして第2段階。
路上教習が始まります。


同じ教習所の同期生?に大井のA騎手がいます。
彼は1月5日に卒業していきました。
M騎手もまだ通っているのかな?


よっしゃ、免許取ったら同期生で併せ馬じゃ!!


って、車では危険なのでやめておきます。


記者仲間に「この年になってよく取る気になったね」といわれてしまいました。

いーじゃん。
幾つになっても挑戦する気持ちを失くしてはいけましぇん(^Ⅲ^)

寒ブリ

今日は寒ブリをいただきました。

070115kannburi.jpg



食べてばっかりだなぁ。
ま、ブログテーマが「食いしん坊バンザイ」もしくは「私が痩せない理由」なのでお許しを。

この店にはブリしゃぶやブリ鍋までありました。




ブログをもうひとつ

取材後、川崎競馬倶楽部でもブログをはじめようという話題で盛り上がりまして、さっそく初めてみることにしました。


たくさん話をうかがっても原稿にしきれなくて申し訳ない(もったいない)と思うこと多々ありますし、次走報なども伝えていきたいし・・・ということで。


知っている人は知っている(当然か・・)川崎競馬倶楽部を運営しています。
馬社に入社する前からやってまして、早16年になります。


倶楽部は有志スタッフで運営しているので活動に報酬はありませんが、スタッフみんな情熱をもって頑張っています。
素敵な仲間ばかりです。


愛の流刑地

070113ainorukeichi.jpg



見てきました「愛の流刑地」。
今日からロードショーでした。


情交中の殺人シーンから始まる衝撃的な話題作ですが、あまりエロという感じはしなくて、考えちゃうな~と思う場面が多々。


寺島しのぶさんと豊川悦史さんのコンビは「やわらかい生活」と同じ。
こちらは精神的に病んで怠惰な生活を送る主人公の元にイトコが訪ねてきて愛を深め、結婚しようと地元に前妻との離婚手続きに戻ったところで事故で死んでしまうというというシュールな物語。


「愛の流刑地」はロードショー中なのでストーリーは避けますが、心理的には女性より男性の方が衝撃を受けるかもしれませんな。


「わたしは選ばれた殺人者です」
「殺したいと思うほど人を愛したことありますか?」
と、豊川さんがCMで叫んでいるあれがテーマなのかな。

マカオへ

いよいよ来週で南関東での騎乗を終える内田利雄ジョッキー。

ステッキ一本で全国を渡り歩くまさしくこれぞザ・ジョッキー。
地方競馬ただ一人のフリー騎手です。


で、次なる騎乗はというと・・・マカオだそうで。


フリーといえど、毎年3月には騎手免許の更新があるので1ヶ月程度しか乗れないようですが。

いきなり国際電話

浦和開催に登録があるのに厩舎で会えず、電話してみたら「今、アメリカ」ですって。

びっくりするじゃないの鷹見調教師。


携帯電話ってそのまま海外で使えるの知らんかったわん(;^_^A


アメリカで一週間ほど研修中して15日に戻ってくるそうで。


お土産~とは言えませんでした。
土産話、いや研修成果を聞かせてもらえれば十分ですわ。

フグだ!!

調教師だらけの新年会。

毎年ごちそうが食べられるので楽しみなんですが、今年はフグ。
うほーい\(^O^)/


07111shinnnennkaifugu.jpg


にこごりから始まってフグ刺し、から揚げ、照り焼きetcとつづいて鍋タイム。
手前にあるのは白子です。

白子大好き!
ホントは焼いた方がトロリとして美味しいんだけど
(この期に及んで贅沢いうか、おい)


酒は・・・・もちろんひれ酒でファイヤー!

ホントは白子酒がいいんだけど(まだ、言うか!)
070111hirezake.jpg

浦和のメンバー

今日は浦和のメンバーなので会社でゲラの整理。

わたしは大井担当なので、大井からの登録馬を確認しコメントをもらいに行きます。
そのために厩舎サイドに出走メンバーなどの一覧をつくってお届けするのです。


ニューイヤーカップはレッドドラゴン優勝!!
坂井ジョッキー初重賞制覇おめでとうございます。
「重賞は欲しいもののひとつ。でもアセらない」といっていた坂井騎手。
さっそく手中におさめました。
なかなか強いレースでしたね。
「課題の精神面」を克服しつつあるのを感じました。


仕事のあとには編集のみんなでプチ飲み。
我が社はのんびーりした社風で、和気藹々って感じ。
(それが紙面に出過ぎですな)


んで、宴会のはしご。
久々のチゲ鍋。
んま!
0701kimuchichige.jpg

祝盃中

仮免


仮免技能受かりました~~!!

いやぁ、めでたい。

何しろ一度落ちているもんで(;^_^A
(S字でゴリゴリと)

ホッとしました。

問題は学科ですが、発表は後日なのでひとまず祝盃です。


もれなく原チャリの免許もついてくるわけで、小向までもひとっ飛びです。

たぶん近々・・。

味香美 白味噌ラーメン

味香美の白味噌ラーメン


時々無性に食べたくなる味香美(みかみ)の白味噌ラーメン。

大井町駅から徒歩2分。
青物横丁方面へアーケード通り添いを歩き、ヤワタ屋の角を曲がって左手にある店。



赤、白の味噌ラーメンが人気だがお気に入りは京風白味噌ラーメン。
いつもこれ。
780円。


麺が平たい多加水麺とあってもっちもち。
そこに味噌らしきツブツブが練り込んである。

京風白味噌独特の甘味があって、とにかく美味しいから、お腹いっぱいでもスープ全部飲んでしまう。
もう一口でやめようと思いながら気がつけば器の底が・・・

魚の西京焼きとか好きな人はたまらないと思います、この味。

おもてにはいちお「味噌ラーメン・ちゃんぽん・皿うどん専門店」とあるがコゲ目入りチャーハンなんていう新メニューも登場。

キョロキョロすると隣もその隣もコゲ目入りチャーハンをオーダーしてるわん。

気になる~~!!


コンペ

コンペ


あまりにヘボくてあきらめたゴルフを今年は再びやってみようかと。


コーチが厳しくて挫折してたのよね。

だってさ~、

迷惑掛けないように急げ!ってゆうから走ると、走るな~って、どうしろっていうのだよ。
楽しむ余裕ないよ。

身内に教わるのは善し悪しですね


いつか兄弟姉妹で回りたいな~。
温泉付きでね。

アヤパンの追い切りと坂井騎手

坂井英光騎手



今朝は大雨の中、船橋記念に向かうアヤパンの追い切りがありました。

12月3日の中央遠征以来になるのですが、「この一戦の収穫は大きかったね。あとはこのメンバーで逃げられればいいよね」と月岡調教師。

51キロと斤量にも恵まれたし、ぜひ自分の競馬させてあげたいですな。
そして坂井英光ジョッキー待望の初タイトルを!

年末開催の勢いは半端じゃなかったですよね。
途中、落馬事故もあって、あの落ち方はダメージあったと思うんだけど、それでも1鞍見合わせただけで騎乗再開。

すごい!

戸崎ジョッキーとの大井ナンバー3の座を賭けた闘いも熱かった。
ものすごい勢いで追い上げてきたから、むしろ戸崎ジョッキーのプレッシャーの方が大きかったかと(;^_^A


で、結果は坂井87勝、戸崎83勝。

2007年はいっそうヒートしそうな二人です。


地方競馬チャンネルという携帯競馬情報サイトで坂井英光ジョッキーとその弟・薫人さん兄弟の話を書かせてもらいました。

書ききれなかったインタビューの余談はいずれまた。





やっと正月メニューに

エビチリ


ありつけました。

「も~、売り切れました」

お姉さん、優しい笑顔でキッパリなんだもん。
食券買うのに並んで、やっとお順番まわってきたのに。
ついつい「ん・・・じゃ、酢豚で」とか言っちゃうわよ。


で、つ、ついに最終日。

エビチリ&エビマヨの紅白スペシャル中華だけはなんとしても食べたかったのだよ。


ふぅむ。

エビマヨの割合が少なくないかぃ??

ま、ま、いっか。


相変わらず限定メニューには弱いですσ(^_^;)


正月誘導馬


誘導馬の正月獅子舞バージョン。
すでに名物化しています。
毎開催楽しみですね。


おめでとう茜ちゃん

レディースジョッキーズシリーズ2006の総合優勝は山本茜騎手でした。

山本茜ちゃん


JBCに乗りに来たときにお話させてもらったのだけど、茜ちゃんは神奈川出身だそうで。

鶴見といえば川崎競馬場からそう遠くない。
最初は川崎でジョッキーになることを希望していたそうなのですが、タイミングと女性だということで所属先がなく、チャンスを求めて現在の名古屋・原口調教師の元へ。

巡り合わせとはいえ、結果オーライだったのではないかと思う次第であります。

物怖じしない性格はホント騎手向きですね。


レディースジョッキーシリーズといえば、かつては海外からも騎手を招いて行われていましたね。
日本中を回ってホント華やかでした。
我が社の社長が通訳を務めていた時代もあったし、わたし自身もシリーズを追っかけ取材したことがありました。

懐かしいですな。

ハクバノデンセツ能試

注目の川崎初の白毛馬ハクバノデンセツが5日の能力試験で合格し次開催でのデビューする予定です。

父ハクホウクンに騎乗していた的場文男騎手が乗りましたが、「気性も体型も父親によく似ているね~」と言っておりました。

「スタートは良くなかったが、スッとハナに立った。直線入ってからはわざと下げて砂を被ることを経験させた。来た頃に比べても馬体スッキリしてきたし精神面も成長している」と佐々木吉郷調教師もデビューに向けて順調であることを強調していました。

疾走すると馬体がピンクに染まります。

もんじゃ

もんじゃ


力亭にて新春初もんじゃ。

納豆玉も食してみましたがこちらはハズレでした。

納豆が苦味になってしまってるわ。
いかん。

福島秀夫厩舎初出走

記者席正月バージョン


12月1日付で開業した川崎・福島秀夫厩舎が最終レースで初出走しました。

報知オールスターカップ当日でマスコミが多かったわりにあまり注目されていなかったような・・・ポリポリ。

セイントハニーは6着。

「ちょっと外回ってしまったし、重目感もあったかな」と初陣について語っていました。


福島秀夫調教師


福島秀夫調教師はロジータを育てた福島幸三郎調教師の次男。
厩舎育ちではありますが、ロジータ全盛の頃は旅行会社勤務でオーストラリア赴任中でした。

「無事にレースに出走させることが調教師の仕事。勝ち鞍だけにこだわらず出走率を考えて馬づくりをしていきたい」とのこと。

開業する際には父上から「ロジータのような名馬を育てよ」とはっぱをかけられたそうです。

川崎は5馬房からのスタートで、今は阿部厩務員と二人三脚で奮闘中です!


同時期開業した大井の鷹見厩舎が10馬房からのスタートだから、川崎は少ないですよね
(新人調教師にとって貸与馬房が多いか少ないかどちらがいいのかは別として)。



競馬のあとは素敵んぐな仲間と新年会。
いつも愚痴を聞いてくれてありがとう。
みんな長い付き合いになったね(^.^)b

パーソナルラッシュ

年末になって高橋三郎厩舎に電撃移籍?したパーソナルラッシュ。

大山一男厩舎所属として船橋に運んで受けた調教試験。

んで、そのまま境町トレセンに戻ったとのこと。

このタイミングでの調試だから、ハードローテでいきなり報知オールスターカップ使うのか、川崎記念直行するのかと取材にいったら転厩してました(;^_^A

今月中旬までには大井入りして、川崎記念直行予定だそうです。


転入緒戦のパーソナルラッシュがいきなり川崎記念を使えるのかどうか・・・これはかつてエモシオンという馬が南関東所属馬として出走経験がないままの出走を直前になって除外されたというドタバタ騒動劇に至った経緯から出走条件から外された模様です。
不思議に思って番組に確認してきました。



正月モード

こんな煮しめの作れる母になりたいと願う今日この頃。

母の煮しめ


お母さん、美味しいです。

食べるだけじゃなくて、伝えていきたいよね我が家の味。
プロフィール

Akemi Nakagawa

Author:Akemi Nakagawa
ホースニュース馬社から競馬ブックに移籍しても南関東を担当している中川です。ダイサッカイから抜けた記念にブログ開設してみました。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。