FC2ブログ

本田紀忠騎手デビュー

本日第5レースで騎手デビューする本田紀忠(ほんだ・のりただ)騎手。初陣の相棒はヒカルメラヴィ。
毎日調教をつけている一頭で「イライラする面もあるんですが、ものすごいスピードがあるのでポンと行きたい。馬の邪魔せず気分よく走らせたいですね」と手応えをつかんでいる。

22歳という遅咲き。
同期生9人のうち6人は南関東組で、その中でも一番最初にデビューを飾る。
「同期とは年が離れていますが特に南関のみんなのことは意識しますね。同期にも自分自身にも負けたくない」
と落ち着きの中にも闘志を秘めている。

野球ひと筋だった子供時代に「小さい身体を生かした仕事につけ」と勧めてくれた父は中学3年の時に亡くなったが「騎手を目指そう」と乗馬クラブやコンビニで働きながら騎手への道を探ってきた。

所属する高月賢一厩舎では厩務員としての経験も積んだ。

勝負服は黄、胴黒玉あられ、袖一本輪。
「黄色と黒は風水的に勝負の色」という意味をこめて高月師から贈られた厩舎カラーの勝負服。

「いつか上の人をおびやかす存在になりたい。そして父の墓前にいい報告をしたいですね」。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
5月に出走してませんが、どうしたのでしょう。
6月には、出走して、がんばっている姿をみたい。
本田騎手は厩舎の手伝いをしながら騎乗チャンスを待っている状態だと聞いています。
あとは本人の頑張り次第だと思います。

騎手生活はまだ始まったばかりですから長い目で応援してあげてくださいね。
今の苦労がむくわれて花咲く日がきっと来ると思います。

6月も乗りませんが、高月調教師親子は、本田騎手を
育てる気が有るのでしょうか。
調教師の使命の中には騎手を育てる事もあると思いますが、何を考えているのでしょう。デビューして2回しか乗っておりません。乗らなくては成長しません。

管理者のみに表示

トラックバック